メインコンテンツまでスキップ
Version: 0.18.0

Build a sample app

はじめに、Rustの新規ライブラリを作りましょう(重要: --libフラグを渡すことでバイナリではなくライブラリを作ってください)

cargo new --lib yew-app && cd yew-app

依存ライブラリにyewwasm-bindgenを追加してください (最新バージョンについてはこちらを参照してください)

Cargo.toml
[package]name = "yew-app"version = "0.1.0"authors = ["Yew App Developer <name@example.com>"]edition = "2018"
[lib]crate-type = ["cdylib", "rlib"]
[dependencies]yew = "0.17"wasm-bindgen = "0.2"

以下のテンプレートを src/lib.rsファイルにコピーしてください:

src/lib.rs
use wasm_bindgen::prelude::*;use yew::prelude::*;
struct Model {    link: ComponentLink<Self>,    value: i64,}
enum Msg {    AddOne,}
impl Component for Model {    type Message = Msg;    type Properties = ();    fn create(_: Self::Properties, link: ComponentLink<Self>) -> Self {        Self {            link,            value: 0,        }    }
    fn update(&mut self, msg: Self::Message) -> ShouldRender {        match msg {            Msg::AddOne => self.value += 1        }        true    }
    fn change(&mut self, _props: Self::Properties) -> ShouldRender {        // Should only return "true" if new properties are different to        // previously received properties.        // This component has no properties so we will always return "false".        false    }
    fn view(&self) -> Html {        html! {            <div>                <button onclick=self.link.callback(|_| Msg::AddOne)>{ "+1" }</button>                <p>{ self.value }</p>            </div>        }    }}
#[wasm_bindgen(start)]pub fn run_app() {    App::<Model>::new().mount_to_body();}

このテンプレートはルートにComponentをセットアップし、Modelと呼ばれるクリックしたら更新するボタンを作ります。 main()の中にあるApp::<Model>::new().mount_to_body()がアプリをスタートしてページの<body>タグをマウントすることに特に注意してください。 動的なプロパティでアプリをスタートしたい場合は代わりにApp::<Model>::new().mount_to_body_with_props(..)を使うことで実現できます。

最後に、アプリの中のstaticという名前のフォルダにindex.htmlファイルを追加してください。

mkdir static
index.html
<!doctype html><html lang="en">    <head>        <meta charset="utf-8">        <title>Yew Sample App</title>        <script type="module">            import init from "./wasm.js"            init()        </script>    </head>    <body></body></html>

アプリを動かす!#

wasm-packを使うのがアプリを動かすのに推奨される方法です。 まだwasm-packをインストールしていない場合、cargo install wasm-packでインストールして開発サーバーを動かしてみましょう:

wasm-pack build --target web --out-name wasm --out-dir ./static

wasm-packはコンパイルされたWebAssemblyとJavaScriptラッパーをまとめたものを./staticディレクトリに作り、 アプリのWebAssemblyバイナリを読み込んで動かします。

そして、./static以下で好きなサーバーをファイルをサーブしてみましょう。 例えば:

cargo +nightly install miniserveminiserve ./static --index index.html